2018年4月12日【オンライン22時】HSC/不登校 親子で学校に応援してもらうには〜カウンセラー本田さんゲスト

➡︎オンライン会員ご入会はこちらから

★記録動画販売しています
お申込みはこちらからどうぞ!

 

オンライン22時@感性キッズは、

普通と違う、繊細・敏感、
HSC(highly sensitive child)(通称、感性キッズ)、

不登校のお子様のための場です。

困りをとんがりに変えて、
社会で輝くことができるようになることをゴールとしています。

そのために

・お母さんへの才能発掘セッション

・オンラインプログラム(通称オンライン22時

・リアルイベント

の3つからなる【場】があります。

今日はそのなかのオンラインプログラムのご紹介です!

 

HSC(highly sensitive child)不登校の子が自分本来の才能を生かして、
社会のなかで輝くことができるようになるための、
情報をご提供しています。

家でパソコンやスマホから簡単にアクセスでき、
プログラムを視聴したり、他の参加者と話したりすることもできます。

もちろん顔を隠しておく機能もあり、こちらの音声をミュートにしておくこともできます。

・・・・・・・

さて、4月12日はカウンセラー本田さんゲストの会。

本田さんは4000人以上のお子さま&保護者の相談にのって来られ、

そのあったかい雰囲気にたくさんのファンがいる、
福岡在住のカウンセラーさんです。
(【相談員って感じでしょ?】とはご本人の弁^ – ^。)

HSC(highly sensitive child)の感性の鋭い子が、学校に行きにくくなることはよくあることです。

音のうるささを訴える子、

先生が他の子を大声で叱るのがダメージになってしまう子、

大勢の前で発表するのが苦手だったり、

味覚が敏感で給食がなじまなかったり、

大人の本音建前がわかってしまう、

お友達のウソがわかってしまうのがつらい、

そういう子がたくさんいます。

学校は人間関係をトレーニングするところでもありますから、いろいろなことが起こりますよね。

子ども同士のほんとささいな口喧嘩が

親も巻き込んだトラブルに発展したり、

HSCの我が子が起こす「問題と言われること」にめげそうになったり、

うちのルールではいいのに、

他のご家庭のフィーリングでは話が平行線だったり、

「うわ、先生助けて」

「どうしたらいいの」

ということも起こります。

学校の先生に見方になってもらいたいときの相談の仕方、

学校に知らせたほうがいい情報など、知っておくとよいことがあります。

本田さんご本人も息子さんもHSP なので、
学校での工夫や、環境の作り方、
転校するときの学校との情報共有の仕方やメリットなどを伺いました!

こんなことはありませんか?

・落ち着きがないといつも先生に注意されている

・HSPの我が子の特徴を先生に理解してもらえない

・授業中ぼーっとしているといわれる

・音や匂いに敏感なので理解してほしいが先生になんと言えばいいかわからない

・我が子が周りのお友達に理解されていないと感じて、いらいらする・暴れる

・学校にあまり行っていない

・学校に完全に行かなくなってしまった

・今の学校が合わないようだと感じている

・保健室登校ってどうなんでしょう。

職員室に出入りしていたからこそ、わかることもあります。

そこを本田さんに伺ってみようと思います。

 image

(左:主宰皆川  右*本田章子さん)

学校とのあいだのことや、

もしも万が一学校で応援してもらえなかったときに、

じゃあ、次に相談に行くところはどこか?

など、さらにたくさんの情報をいただきました。

社会福祉士という視点もお持ちなので、

学校からだけではなくて、

行政の窓口などのお話も聞けて、

ホント安心!なお話が網羅されています。

➡︎オンライン会員ご入会はこちらから

★記録動画販売しています
お申込みはこちらからどうぞ!