学校に行けていない。そのとき、どの部分を一番不安に思っていますか?

学校に行けなかったり、

今あるシステムになじめない、

なにかが「できない」ように見える時、

親は焦ります。

他の子についていけていない?!

普通と違ってしまう、この先どうやっていったらいいのだろう・・・

進学の道、そのあとに続く将来の道が閉ざされるのでは?!と途方にくれます。

 

思えばわたしたち母親は、
こどもがいかに「できること」を増やしていくかということに注力して暮らしてきました。

目で手の動きを追えるようになった。立てるようになった。ご飯をひとりで食べられるようになった。階段を降りられるようになった。靴のヒモを結べるようになった。
字がかけるようになった。お友達とうまく遊べるようになった。学校へひとりで行けるようになった。時計が読めるようになった、、、、(今小学校1年生w)

そうやって、果てしなく、できるようになることを応援してきました。お母さんえらい!

だから「え?順調に育ってない?」と思うことがでると焦りますよね。

 

 

お友達とちゃんと遊べてないみたい。算数の図形のところでつまづいているみたい。サッカーでお友達と積極的にボールを奪い合うようなことができてない。
忘れ物が多くて、先生によく怒られているみたい。人の気持ちをちゃんと汲めてないみたい。

とりわけ、「学習方面」と「人間関係方面」には親として心をくだきますね。

将来、この社会のなかでうまく生きていけるように、それには学習と人間関係はキーになることを大人だったら誰でも知っている。

 

【現在、学校に行けていない。】

これはもちろん由々しき問題です。

でもどう由々しき問題かというところを、きちんと考えてみましょう。

自分はどこに対して一番不安を感じているのか?
「他の子と違ってしまうこと」でしょうか。

「勉強の道が閉ざされる」(と感じる)ことでしょうか。

「うわ、忙しいのにわたしの手間が増える!フォローできるのか?」ということでしょうか。

親として、どこに一番不安を感じているか、クリアーにすることによって、

対処方法がちがいます。

 

 

「他の子と違ってしまう」➡︎そのために不安なところはどこなのか、そこにはご自身の価値観の核があります。それはご自身が本当に望むものなのかセッションを受けましょう

違うからこそ、人は仕事ができます。人にはできないけれど、
自分にはできることを使って、その差異にお金を払ってもらうというのが仕事です。

他の子と違ってしまうというのは根拠のない不安です。
自分軸を自分で客観視するのは、どんなに悟った人でも難しいです。
意識は自分が作っているから。
自分では生涯自分の顔を直接見られない、ということです。
鏡を探して、他の子とちがってしまう、からもう一歩先へ進みましょう。

 

「勉強の道が閉ざされる」➡︎ いえ、、、閉ざされません。(笑)

今はオンラインでとれる授業も、受験ではないおもしろい塾もたくさんあります。
子どもの知恵をどうやってのばそうか、その具体案を考えるだけです。
アインシュタインもさかなくんもスティーブ・ジョブスも
みんな学校に適応が難しい問題児でした。
そしてゲームをやりすぎ、と心配する親御さんもいらっしゃいます。

まずは「現実が辛すぎて現実逃避するためにゲームをして時間を潰しているのか、
ほんとうにゲームの「何か」がおもしろくてやっているのか」を見極めましょう。

 

 

「うわ、忙しいのにフォローすることができるのか?学校への登校下校につきそうとか無理!だからと言って、家にひとりでいられるの心配。わたし大丈夫か!?」

➡ ︎具体的な方策を考えましょう。

仕事がある、学校へ行ってもらわねば。
本当にそうでしょうか。一度常識を疑ってみましょう。
「家にいたら勉強しないもん。」
本当に熱中できることがあれば、子どもは驚くほどの集中力を見せ、熱中します。
さきにそちらを見つければいいですし、
子どものことを見てくれるサポートの手を探すという方法もあります。
例えばキッズラインというシッターサービスは乳児〜15歳までカバーしており、
家庭教師ができるシッターさんもいます。
行政サービスによってシルバーさんを派遣してもらったり、
夕飯を作ってくれる人をたまに頼んだり、
お母さんがパンパンにならない工夫をぜひやってくださいね。

 

そして、よくがんばっている自分を、ぜひイイコイイコしてあげてくださいね。

子どもは、お母さんに笑っていてほしいんです。

 

余談ですが、お母さんが幸せになるために、そのために生まれてきた、
という胎内記憶を話す子どもが
HSCの子にはたくさんたくさんいます。(特殊能力がある子も多いです)

さあ、今日もまずはわたしたちが幸せでいましょうね。