HSC (highly sensitive child)とは・・

1996年にアメリカの心理学者エレイン・N・アーロン博士によって、まず大人版の概念であるHSP (highly sensitive person)という本が発表されました。(日本語版「ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ」(冨田香里氏訳 SB文庫))

その後2002年にThe Highly Sensitive Childというタイトルで HSPの子ども版が出版されました。日本で翻訳本がでたのは2015年、アメリカで刊行されてから13年後のことです。

その名のとおり、生まれつきとても敏感な感覚、感受性を持った人たちのことを言い、約5人に1人がこの神経系の特性を持っています。

・他人の気持ちによく気づく

・豊かな想像力を持ち、空想にふけりやすい

・ミスや忘れ物がないかなど慎重で石橋を叩いて渡るようなところがある

・味や匂い、音に敏感だったり、人混みやお出かけで疲れやすい

・子どものわりに本質的なことを言ったり、難しい言葉を使ったりする

・難しい子ね、変わってるね、普通と違うね、など言われる

という特徴があります。

 

HSP/HSCは病理(治療すべきもの)や障害ではありません

遺伝的にこのような特徴を持つ人たちがいますという意味で、その割合は全体の15%~20%といわれています。

親の育て方が悪くて、とか

環境のせいで、そういうふうに育ってしまったのではありません。

生まれつき、赤ちゃんのときからずっと敏感な資質をもって生まれています。

(動物のなかにもこのような敏感性を持つ個体が20%ほどいるという研究結果が発表されており、種の保存のためではないかと推察する研究者もいます。)

 

ですが、子どもはつらさを語りません。

なぜなら自分以外がそういう敏感性を持っていないということを知らないからです。

HSCの子は、自分の特性が受け入れられ、肯定的にとらえられている安心の場があると、その繊細な感受性をのびのびと開花させて伸びていきます。

 

「普通の子たちと、違ってしまうのがこわかった」

 

最初はそのようにおっしゃるお母様が、お子様独自の才能発掘に視点をかえると、驚くようなことが起こります。

さあ、困った場所をとんがりに変える視点と、やりがいと創造性をもって、お子様との生活を楽しんでいきましょう。

 

 は、「その子が生まれ持った才能で社会へ出て行く」ことを応援しています。