感じとるチカラは人生を幸せ方向に持っていくセンサー

感性について書いています。

前回の

♣️感じ取るチカラ=感性 は、人生を幸せ方向に持っていくセンサーです①

では

感性、感じとるチカラは、小さな小さなその人の目の前の選択を

決め、

それがひいては大きな人生の流れを作るということを書きました。

「あの人がでかい儲け話をもってきた。でもなんか乗る気がしない」

➡︎インスピレーション

「目の前にいるけいこちゃんは、今日はここんとこ一番体調がよさそう」

➡︎直観

「山田さんのいうことはとても気持ちがわかるし、理解出来る!支持したい」

➡︎共感力、人気持ちに対する感受性

「ああ、なんという美しい笛の音だろう」

➡︎鑑賞力、美に対する感受性

「劇のなかのうさぎさんがかわいそうすぎて涙がでる」

➡︎感受性・共感力

「ああ、しあわせっ!」

➡︎感受性・自分のなかサーチ

「この場所はなんだかいやな雰囲気がする」

➡︎場所に対する感受性

「今日はなんだか胃が重たい。」

➡︎身体に対する感受性

その人その人によって、

感性の種類や数は違います。

こっちは未分化だけど、

こっちは感じる能力全開!みたいに

いびつになっているのが、

人の強みというものでありましょう。

そういういろいろな対象、いろいろな種類の感性が

魂のまわりにたまねぎのように多層構造になっています。

その一つ一つがその人にとって宝物。

大切な、いとしい感性。

感性というのは、目に見えないし、

客観的に言語化するのも難しいです。

でも、そこに自分で意識を向けるということが

とても大切。

意識を向けるということは

そこにエネルギーを注入するということになるので、

そこにある感性は

いやがおうにも伸びる、のです。