夏休み特別企画(笑)言葉エネルギー実験をやってみよう!!

2020年7月よりHSCちゃんを育てる専門家でありHSP母のコラムを
15名のメンバーで日替わりでアップさせていただきます。

さまざまな立場からの、さまざまな年齢のHSCちゃんの子育て現場レポをどうぞ。

 


私はHSP/HSCカウンセラーであると共に
自己肯定感カウンセラーです。

 

元々、自己否定が強く自分を肯定できなかったことで
HSPの気質と合致して一層生きづらくしていたと知りました。

 

HSPの特徴として「不安を感じやすい」⇒『発想が否定的』

になってしまうので、

特にHSP/HSCさんには、自己肯定感カウンセラーとして自己肯定感の大切さのお話をさせて頂いています。

 

 

今回は、夏休み!!という事で(笑)

『言葉の実験』のお話です。

 

肯定語と否定語の言葉のエネルギーの

実験です。

 

<実験>

  • 食パンを2枚用意します。 
  • 同じ状況下で、1枚には肯定語、もう1枚には否定語の

言葉をかけます。

  • 10日間言葉をかけて様子をみます。

 

<結果>

・10日後の食パンの違いはカビの生え方が違います。

・否定語をかけた食パンの方が見るからにカビが多くなるそうです。

 

これは食パンだけの結果でなく、他の食べ物でも

生け花であったり、花壇などのお花の咲く数でも違うそうです。

 

言葉のエネルギー・・・恐るべしです・・・(笑)

 

私達、お母さんは日頃、子ども達にどんな言葉をかけているでしょう。

ついつい先を見越して「早くしなさい!」「忘れ物ない?」

なんて使ってしまいがちです。

人間は、肯定的な面よりも否定的な面を探しがちです。

 

特に私達HSPは危険察知能力が高いので心配性です。

想像が容易につくから、子どもの事はとやかく言いたくなる・・・

 

でも、否定語は心や体を緊張させ、失敗のイメージを

植え付けてしまいます。

 

あちらはあちらで、HSCちゃんだったりすると、

自分の失敗のイメージが容易についてしまう・・・

 

こんな悲しい悪循環・・・涙

 

 

「早くしなさい!」を「待ってるよ」だったり

「忘れ物ない?」を「全部持った?」に変えるだけで

感情が前向きにポジティブに変わるという事です。

 

相手を咎めるような言い方よりも、自分(母親)の行動を

言葉で伝えたり(「待っている」という事実)

相手の行動を肯定的に捉えられると

その場の空気や雰囲気も良くなる感じがします。

 

 


photo: 長束加奈

 

 

 

うちの息子達3人は全員サッカーをやってきました。

正直、HSCには厳しいスポーツです。

 

コーチや保護者の応援、チームメイトの声がけでも
色々な言葉を聞いてきました。

 

「何をやってるんだ!」「抜かれるな!」「しっかりしろ!」

ちょっと思い返してみるだけで否定語連発です・・・

こんな言葉ばかりかけられていると、子ども同士チームメイトにも
同じような言葉を浴びせるようになります。

 

するとどうなるでしょう。

当然、失敗が怖くなってプレーに影響がでます。

 

スポーツのような根性が必要な場面でも言葉の力は絶大です。

 

肯定語を使えるチームの子ども達はのびのびとしていますし、
何より意欲的で仲間同士応援しあえるようになります。

 

 

 

ある時、外国人のお母さんが小さな男の子を連れて、

ショッピングセンターのフードコートで親子で

やり取りをしている場面に遭遇しました。

 

その息子さんは床に座り込んでいました。

お母さんは英語で、息子さんに「立ちなさい」と言っていました。

お母さんは余計なことを言わず4,5回繰り返していました。

そして息子さんは立ちました。

すると、お母さんはその時「THANK YOU」と言ったのです。

 

私はそれを聞いてカルチャーショックを受けました。

 

そのお母さんに感動すると同時に、なんだか心がざわざわしました。

 

日本人だったらどう言うだろう・・・

決して「ありがとう」は出てこない・・・

 

まず、「立ちなさい」だけでも済まない・・・

「汚い」だ「みっともない」だ「迷惑だ」と

言ってしまうかもしれません。

大人の事情が頭をよぎってしまうような気がします。

 

子どもが立った後も、「汚れるでしょ!」くらいの事を

言わないと気が済まないかもしれません。

 

HSPの心配性や日本人の人の目を気にするみたいなものは

自然と悪気なく、子どもを傷つけている事もあるのかもしれないと

その時ぼんやりと考えていました。

 

今は夏休み!忙しい日常より少し心にゆとりがあったら、

ぜひ『言葉の実験』を意識してみて、お子さんの反応の結果を

探ってみるのも楽しい時間になるかもしれません。


photo: 長束加奈

 

◆これまでのコラム
・元こじらせHSC・現HSC4人子育て中 母が感じる「HSCちゃんにとって一番大切だと思うコト」
・HSCちゃんの洞察力と兼ね備えた『倫理観』

 

 

writer: うめもと かおり (20歳男子・17歳男子・13歳女子・10歳男子の母)

・HSP・HSCカウンセラー/自己肯定感カウンセラー
・Heart Smile Presentサポーター
・ママ達の心の整え方教室主宰

Facebook :https://www.facebook.com/profile.php?id=100027106382552
ブログ:
https://ameblo.jp/kaoriin040805


photographer:  長束加奈(10歳男子、8歳男子、6歳男子の母)

・instagram: https://www.instagram.com/kananatsuka