幸福感世界1のデンマーク教育の目的は社会の中の【居場所のため】

感性キッズでは、世界幸福度ランキング1位で、
個人的に30年来のご縁があるデンマークに注目しています。
{E3814D06-F1E0-4B17-B6BF-0ABA221BF7D8}
デンマークの教育システムの目的は、
知識をたくさん詰め込むことでは無いのです。
生徒一人一人が自分の個性と能力を発見し、
自分に自信が持てるようになること。
自分が必要とされていると実感し、
世界に居場所を見出せるようになること。
{58D2E16B-F145-4869-B887-653083290A4D}
{9B41979F-5BDC-423A-ACF6-CB0C556D2EA0}

デンマークは地図の真ん中にグリーンに見える小さな国です。

人口は560万人
横浜市と川崎市の人口を足したより
少し多いくらいの人数です。
そんな小さな国が
国連のワールドハピネスレポート(国民幸福度)
ナンバーワン、つまり世界1番だというのです。
国民一人一人の幸福感、
幸せに感じてる度が高いのは
どうしてなんでしょう。
教育は、
全体のなかで1番を目指すのではなくて、
【その子らしさ】が
【社会のなかでの居場所を見つける】ものだと
いいます。
この【社会に居場所を見出せる】のところの、
なんと深い意味のあることか。
って思うのです。
これは、どういう意味なのか。
連載にしたいと思います