山口由起子さん 子ども強み1 ~強みって何?~

山口由起子さんに強みのお話を聞きました。

強みの前提の世界観がこんなに自由で軽やかだったと思い出しました。

【人っていうのはね、
ほおっておいたら、太陽に向かう樹々のように強みを発揮できるようになる。
そういう風に出来ています。
その土壌作りが大切なんです。】

この明るい自由な
伸びやかな世界で
怖れを手放して生きて行きたいと
改めて思いました。

集ってくださった皆さま、ありがとうございました。強みは、とっても深いです。

強みを見るというやり方に慣れ、
自分のなかでも概念の変換をしていく時間が必要です。

そしてね、子どもの強みだけではなくて、
自分の強みにも注目してほしいと由起子さんはおっしゃっています。

その先にあるのは、
減点法でない世界!!

誰にも負けない「生まれ持った強み」を生かして世界に羽ばたこう!
そうよ、子どもだけじゃなく、
お母さんも!!

ご感想いただいています。


■Iさん

何かにつけて軸がないような気がして
漠然とした不安を抱くことがあったのですが、
山口由起子さんに導いていただき、これから見つけられるだろう宝探しにワクワクしています。
『人と違うことは良いこと』『違えば違うほどいい』
強み探し、ついついしちゃう⁉︎くらいしていきます!

■Hさん

強みに関して、より理解を深めることができましたし、
やっぱり
「その人に興味を持って見ることの大事さ」を
改めて感じました(^^)
息子の強みについては、いくつか思い当たる節もありますし
時々強みの発揮しすぎで疲れてそうな時もあるなあと感じています。
また違った視点からも探してみようと思います(^^)

 

ご参加ありがとうございました!