母は外交的、娘は内向的①え〜そんな世界があるの?! 

今日は、現在進行中の3ステップ才能びゅーん講座のなかで
重要な場面があったので、許可をいただいてシェアさせていただきます。

3回のオンライン講座があり、
その間はメッセンジャーで思ったこと、質問などを
ご自分の都合がいいときに入れておいていただく方式です。
(家事や仕事の合間にです。ママは忙しいので一日の隙間時間を利用していただくんです)

夜な夜な下記のようなメッセージ(チャットで同時進行なことも)をやりとりしています。

お子様は中3不登校。
ひたすらスマホでセリフの多い劇作品を作っています。

それはジャマなこと?としてはじめは出てこなかった事柄でした。

その作業が毎日毎日深夜に及び、朝は起きられません。

そのことはお母様の深い悩みの種でした。そりゃそうです。

そのせいで学校へいけないじゃないか!と思いますよね!

けれども、才能発掘が2ステップ目を超えてから、お母様の視点がかわってきました。


私:Cちゃんが今ママにもっとも求めていることは、なんだろうと思われますか?

Aさんmama:例えば、自分から話してきたり、質問してきた事に対して、共感したり興味を示して欲しいんだなって思います。 私が質問の答えを考えて無言になったりすると、”無視しないで”って言われます。

「共感」「尊重」「理解」どれが一番優先順位が高く、求められているでしょうか?

mama:共感ですかね?

表面的には共感な感じだけれども、 なんか「尊重」の匂いがするなあと思ったりしています。 

わたしの世界を完全に理解して、 ママにも同じように大切にしてほしいと願っている。 

としたらどうでしょうか?

mamaえ???

彼女は内面世界がとてつもなく大きい。
どんどん外にむかっていくタイプのママとは、 真逆のベクトルを持っていますよね。

mama真逆のベクトル!!

彼女は心の内面の世界を掘って掘ってほりつづけていますよね。 

ママのように外の世界に対して0.1秒で手をのばして、ぐいぐい進んでいくような(笑)、
(2回目の講義までの時間でママ自身の才能と向きを発掘してきました)

そういうところはないですよね。

mamaそう言われてみると、私は常に 外にあるものを探して、
自分にプラスになるもの 自分を成長させてくれるものをずーっと探しています。

私の世界を完全に理解して、 私にも大切にしてほしい 内面世界がとてつもなく大きい!!

理解してほしい そんな風に思ったり感じたりしたことありませんでした。

では、ママとは違う世界の住人Cちゃんは、
これからずっと 「何を」やりつづけていく人でしょうか。 

外にあるものを探して、
自分にプラスになるもの 自分を成長させてくれるものをずーっと探しつづけていくママ。

それに対してCちゃんは?

mamaん〜〜〜自分の心の中にあるものを、 何か分からないけれど表現として吐き出す?でしょうか?

そうですよね。 自分の内側と対峙していく人ですよね、多分。

ある「彼女にだけ見えている世界」を形にしたいですよね。 その欲求がものすごく強い。

対人とか外の世界、ではないですね。 自分ですね。

mamaそうなんですか!

そう感じますが、いかがでしょうか?

mamaえ〜!!そんな世界知りませんでした。

そんな人いるんですね!

自分の内面。

HSCの子にはそういう子がものすごく多いです。 次世代の子でもあるなあと感じています。

だからね、彼女が表現する、というところは、 彼女にとってはもっとも神聖な部分なのですよね。 

生きているうえで、もっとも大切なところです。

ママのように10代でやりたいこと・天職に巡り会うひとは1000人にひとりです。

 彼女は、自分の内面と戦い、愛し合いながら
長い年月をかけて天職を獲得していくタイプだと思います。

だからそれを最大限、尊重してほしいのではないかと思います。 ママが自分のお仕事をものすごく大切にしているように。 自分のそういう世界を、大切に思ってほしいのではないかと。

mama彼女の感覚は頭ではわかっていたけど、はじめて腑に落ちました。

「彼女の世界を大切に思う」・・・ 素敵な言葉ですね。

彼女の世界をこのうえなく大切に、大切にしてあげたら、
彼女はそれだけで、 ものすごく伸びていきます。 保証します。

何をしてあげるか、 じゃないかもしれない、彼女は。 

ママが自分の世界を「どう扱っているか」「どう思ってるか」
それが彼女にとっては 死ぬほど重要なんだと思います。
(ママに対して、無視しないで。こっちを見てのような言葉がけが見られています)

mama私があれこれしなくても 彼女のやっていること チャットやマンガ、小説を書いたり読んだり それを尊重してあげれば、一人で自分の世界を見つけて、切り開いて行ける っていうことでしょうか?

今も本を読んでいます。 思いもよりませんでしたが、 言葉?文字? の世界の住人かも知れないっていうことですね?!

はい、彼女は言葉と聴覚系の認知特性がきっとすごいのではないかと想像しています。
(認知特性については講義部分で扱っています)

だってチャットでず〜〜〜〜〜〜っと物語作っていますよね!

mama聴覚はそうかな、と思いましたが、言葉は全く想像していませんでした。

この事で、やっぱり彼女は 言葉を大切にしてるんだな~ 何度も何度も読み返したいんだな~ って思いました。

よくそこに気づかれましたよね!すごいです。 【言葉を大事にしているんだな~、何度も何度も読み返したいんだな】 才能発掘の観察技術上がってきましたね!!(^O^)

mamaマンガも本も何度も繰り返し読むみたいに、 お友達とのチャットも何度も何度も読み返して、 色々考えたり感じたりしたいんだなって、はっとしました。

 そうですよね、言葉に興味がない人は読み返したりしません。
ブログでも【読み返す人】と【そんなの時間が無駄】という人の2種類いることご存知ですか?

この執着、この執念ほどのエネルギーは 彼女の関心がものすごくそこに向かっていることを示していますよね。 関心がないことにここまで執着できないですよね。
才能は、 その子のエネルギーがぐわっと上がる方向にあります。

mama​​​​​​​彼女の本当にやりたいこと、少し見えてきた気がします!

彼女の職業のゴールは今はわかりません。
でも「言葉」に関する仕事をしていくのかもしれませんね。

だってここまで言葉に寄り添ってるんだもの。 

言葉で人を癒す仕事だと=カウンセラー等 

言葉でアートする仕事だと=アーティスト、作家、あいだみつをから直木賞作家まで

言葉で人を引っ張っていく仕事だと=作詞家、ジャーナリスト等

 言葉でものを売る仕事だと=コピーライター 等

言葉も使う角度によっていろんな方向がありますし、いろんな職業になります。

要はゴールから考えない、職業名から考えないことです。
親はすぐに職業のゴールを考えて安心したくなっちゃいます。
でも実際は 彼女の内面からでてくることが伸びていった先に、仕事、というものがあります。 

今はだからその土台にお水をやり続けましょう!


このお母様は自分の思考をすばやく行動にうつす、ものすごい速さと精度をおもちで、
思考も未来思考です。

目標をさだめてそこへ近づいていくのがめっぽう上手なのです。

でもお子様はそうじゃなかった。

今、をあじわっているお子様。

そして自分の内面に興味がある。

要するにクリエイターです。

何週間も毎日日常のお話を伺っていると、

「え!ちょっと待って、そこ才能直結のエピソードです!」というところが何箇所かあります。

普段近くにいすぎてわからないのですね。

 

「お子様の才能はいつも目の前にある。要は視点の問題」なんですね。

 

第二期は夏休みの7月27日から始まります

➡︎3ステップ講座の詳細はこちら