コラムColumn

HSC向きサービス・商品・イベント情報

読売新聞・全国版に掲載いただきました!

2021年10月13日

10月12日付の読売新聞さん全国版に

「感性キッズ」のことを掲載していただきました!

※画像をクリックいただくと拡大します。

 

 

 

読売新聞さんの「関心アリ!」
のコーナーで 繊細さんについて大きく紹介していただいています。

 

 

HSPさんについて
その特徴の説明やHSPの方の体験例や武田友紀さんの説明、

社会学・心理学の教授の見解など
初見の方達にもわかりやすく、簡潔にとまとめられています。

 

そのなかで感性キッズが立ち上がった経緯について取材してくださいましたので

よろしければご覧ください。

 

 

そして現在HSP未来ラボの仲間が千葉県で多くの活動をしています。

県議会議員さんがHSPのことを取り上げて質問をしてくださったり

フリースクールの助成金のことで大きな一歩があったり

HSC啓発ポスターを4700枚自治体が配ってくださったり

読売新聞に掲載していただいたことの影には

多くのHSCのお母様の活動があるということを

お伝えしたいと思います。

 

~以下一部転載~

 

子どもへの理解に

 

 子どもへの理解につながる場合もある。

 神奈川県のキャリアコンサルタントの皆川公美子さんは、2人の子どもが幼い頃、「服のタグが気になる」などと細かいことで何時間も泣きやまず、「自分の子育てのせいなのでは」と悩んだ。高校で不登校になった時も理由が分からなかったが、概念を知ってから、「繊細な子なのだ」と納得できた。現在は、ウェブサイト「感性キッズ」で情報発信したり、親向けのオンラインセミナーを開いて相談に乗ったりしている。「理解が深まり、自分を責める親が減ってほしい」と願う。
 

 千葉県教育委員会は昨年から、小中高校の生徒指導担当教員を集めた研修で、光や音に敏感といった特徴を紹介している。担当者は「どうしても環境になじめない子どもがいる。多様な児童生徒を受け入れる体制を整えてほしい」と話す。

 

 

 

読売新聞オンラインでもご覧いただけるようです。

https://www.yomiuri.co.jp/life/20211011-OYT8T50095/

 

 

 

読売新聞さま

 

取材・掲載ありがとうございます!

・・・・・・・・・・・・・

<11月と12月のマママルシェ予告>

 

◆11月12日(金)午前10~12時

それでも私は超えていく
「ママで妻」から「わたし」へ

感性キッズコラムニストフィールドあやさんと感性キッズ主宰 皆川公美子トークショー

↓お申し込み受付始まっています↓

https://kanseikids.hp.peraichi.com/2021.11/

 

 

◆12/14(火)午前10~12時

武田友紀さんのトークセッション会 

「繊細さんの幸せの流れのつくり方」11月頭から受付します。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事