【HSP映画上映会】をほうふ日報さんに取材していただきました。

先日の山口で藤井 美奈子 さん主催
【HSP映画上映会】をほうふ日報さんに取材していただきました。

【記事全文】

生まれ持った特性で活躍できる人に

 

敏感な「HSP」を知って

生まれつき高い感受性や思慮深さなどを持つとされる「HSP」を扱ったドキュメンタリー映画の上映会が15日、

ルルサス防府(栄町1丁目)であった。県内外から約50人が参加。インターネットを中心に、

子育てに悩む母親などでつくるコミュニティ「HSP未来ラボ」から、主宰の皆川公美子さん(54)が来場して現状などを話した。

 

HSPは米国の心理学者エレイン・N・アーロン博士が提唱する概念で、子供の場合は「HSC」とも呼ばれる。

疾患や障害ではなく神経系の特性と考えられ、ささいなことを深く感じ取って処理したり、人の気持ちを「わかりすぎる」ため

心的負荷がかかる。

 

米国で行われた調査によると、人口の約2割は生まれつきこうした特性を持つとされる。周囲に感覚を理解されず、

子供の場合は不登校になる例もある。

 

皆川さんは東京や大阪で同映画の日本語字幕版を上映したり、HSPを支援する活動などに取り組む。中国四国地方での上映会は初めて。

 

上映後に現状や社会での理解について話した皆川さん。社会生活に困難を感じている人も多いが、特性を認識して支援を受けたり、

高い感受性を生かした働き方活躍できるといった例を挙げた。

 

HSPは発達障害とは異なるが、両方を持つ人もいるという。HSPの特性でのみあっても、

発達障害と診断されて治療の対象となることがあり、分けて考える必要性を皆川さんは指摘。

「障害と間違えられて投薬を受ける人を減らしたい。HSPが社会で力を発揮できるようにしていければ」と皆川さんは話していた。
 

(ほうふ日報:杉田雄氏による記事)
 

こんなふうに取り上げてくださって、感謝です💗

なによりも嬉しいタイトル(^ ^)
【生まれ持った特性で活躍できる人に】。

 ここを書いてくださったほうふ日報さん、さすがです!

ありがとうございます😊

 

次回は東京表参道にて
2020年2月1日(土)10時~12時開催です
(大人1800円・学生1500円 事前振込制)
詳細・お申込みはこちらをどうぞ

残席わずかです!