コラムColumn

うちの子育て奮闘記

僕たち育てにくいギャングだったのだ③

2021年1月19日

大家族の我が家、前回のも~君(甥っ子 兄)に引き続き・・・。

 

今回は、その弟君のエピソードです。

弟君・・・あだ名ははジョジョ。

なぜジョジョなのかというと、ちっちゃいん時(ジョジョ語で小さい時)

彼は自分の名前が言えず、「お名前は?」と聞かれて「ジョジョ・・・」

と言っていたから。(○○○ろうと言うご立派なお名前)

本人は「○○○ろう」って言ってたのだけれど「ジョジョ」にしか聞こえなかった(笑)

そこから、ずっと彼はジョジョと呼ばれています。

 

ジョジョは私の子供たち・甥っ子たちの中で唯一、胎内記憶を持ってお生まれになられました。

HSCちゃんは胎内記憶があるお子さんが多いと言われていますよね。

彼もバッチリその中の一人です。

 

「ママのお腹の中で黄色いひもで遊んでた・・」

「お腹の中はピンク色で時々ピカッと明るくなったよ・・」

「ずっとギュー――っとまあるくなってたんだーー・・」ってね。

 

そんな話をしてくれるジョジョは、生まれた時からも~~ホントにこだわりの強い男で、
自分の納得いくまで大きな声で泣く・・・泣きわめく子でした。

 

自分の納得いく空間にいるときはめちゃめちゃ大人しく、
「あれ?ジョジョ居たの?」と思うくらい集中して遊んでいる。

下唇をチュッパチュッパ吸いながら(これがジョジョスタイル)電車で遊ぶのが大好き。

 

でも・・・・・そこに忍び寄る・・・兄ちゃんのも~君。

すぐに邪魔される・・・しかも半笑いで・・・ジョジョが作った神聖な空間が壊される。

そうなると、もう手が付けられないほどに泣き叫ぶジョジョ・・・・

 

そして始まる兄弟げんか・・・・その繰り返し・・・・

なんでこんなに大騒ぎして泣くんだろ???ほんのちょこっとの事で大騒ぎ。

泣いてるジョジョにちょっかい出す兄・・・さらに泣き叫ぶ・・・弟。

 

やがて・・・人間界の言葉が話せるように進化したジョジョ。

話せるようになったら、これまた屁理屈大魔王に進化していくのです。

 

すねたら復活するまでにかなりの時間がかかる、文句・言い訳が天下一品!!

 

「だってさ・・・・どうせさ・・・・僕がさ、言ってもさ!!ダメなんでしょ!!」

 

大人のごまかしなんて通用しない・・
「僕は騙されないぞ!!」って大きな盾を持って身構えている、
一筋縄ではいかぬ何かを持っている・・・ホント~にめんどくさい。

 

めんどくさいジョジョ。それでも・・・なにか光るものがある。

ジョジョの言葉選びのセンス・観察力・想像力の豊かさ・ユーモアのセンスは原石のようだったな~~。

 

ある日のこと、
その日は何故か私・私の息子・ジョジョの3人で夕飯を食べるというシチュエーションになった。
(この頃・・おそらく小学校3年生)

その時、何の気なしに「ジョジョはさ~~。大きくなったら何になるか決めてるの?」と聞いてみた。

「ん?僕?僕はね~映画監督になりたいんだよ。」

「ほ~~すごいなぁ。どんな映画を撮るんだい?」

「あのね、まず、一人の男がいるんだよ。その男はね銀行強盗をして刑務所に入ってるわけ、だけどね、その男は誰にも気づかれない巧妙な技を使って脱獄するんだよ。」

「巧妙な技・・・誰にも気づかれないんだ??」(ルパン??)

「そうなの、そこがね。すごいんだよ。その男はね刑務所の中でちいちゃくなる薬を発明したんだよ。」

(突っ込みどころ満載だけど、どうなるか聞いてみたくなる・・・)

「それで、脱獄出来たんだ~。そしたら??」

「そしたらね~~山に登るわけ。その山には、首が4つあるおっきな蛇がいるんだよ!」

「ワハハ。キングギドラだな!それで??」

「男が蛇と戦ってるとき、光る剣を持った女が来るんだよ。一緒に戦いましょうってね。

この蛇の弱点は目なの。目を突き刺して!!って言ってブォォワシュ~~~って飛んでやっつけるわけ」
(もちろんジェスチャー付きです)

「ほうほう・・・そしたら??」

「その蛇の目が大きなピッカピカに光る宝なんだよ。その宝をもって山の頂上に行くんだ。そうすると宇宙船が待ってるんだよ。」

「なに?今度は宇宙の話になるんかい???随分、壮大な話だぁ~~~」

「そう!宇宙に行くんだ!!そしてね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 

 

こんな感じで宇宙に行ったり、ラブストーリーだったり、時代劇に突入したり・・・・・
とジョジョ監督の話は尽きることがありませんでした。

聞いてる私たちもずーーーっと大爆笑で聞いてたのです。

気づいたら3時間半!!一大スペクトラムファンタジーSFアクション映画です。

 

 

この子の頭の中はこんなにもたくさんのことを考えてるんだ・・・・

屁理屈大魔王って素晴らしい感性持ってるんだ!!すごいじゃん!!

そして、ジョジョっておもしろい男だーーー!!!

 

もしかしたら・・・・こんなにキラキラしてイキイキと話すジョジョを初めて見たかもしれない。

話を聞かなかったのは私たち大人。

 

こんなにもたくさんのことを考えて想像してこだわり持って屁理屈こねてたんだね。

そう思うと、ジョジョの屁理屈にも「そーきたか!!」「今回は冴えてるね!」「ハイ!ジョジョの勝ち~」って笑って言えるようになったのです。あら不思議。

 

残念ながら・・・・だいぶ大きくなった今現在のジョジョは・・・
映画監督になると言っていたあの頃の事を忘れているかもしれません。

屁理屈大魔王だった彼は・・・
今現在ものすごく面白い動画編集をして配信を楽しんでおります。
彼の編集はユーモアたっぷりで非常にセンスが良い。

 

そしてジョジョらしい世界観でとっても優しい青年に成長しております。

 

最近、「僕は・・・・・宇宙の果てにめっちゃ興味があるんだよ」と、

「でしょうね~~~~」と思うことを言っております。

 

たった今・・・・お子さんの屁理屈で悩んでいるお母さんがいるとしたなら・・・・

「大丈夫。その子はきっと素敵な感性に包まれておりますよ。屁理屈大魔王って表現力が豊かな子なんですもの~~~」

未来はきっと明るいです!!

 

 

最後に・・・・ジョジョ君のお名前は

小学校の時テストに名前を書き忘れて先生に「まんじゅう10こ」と書かれた

まんじゅう10こ君です。(笑)

 

 

 

 

◆これまでのコラム

娘ちゃんは宇宙人?
その時、母の目からボロンと落ちたもの
反省文を提出した母
反省文を提出した母2 
反省文を提出した母 最終回

僕たち!!育てにくいギャングだったのだ①
僕たち育てにくいギャングだったのだ②

 

writer : やすまり(安 真理)

・~身体からの声を伝えます~ ほぐし処楽や
ホームページ:https://saibou-yoku.com/

・[て]から伝わる安心感【おててのて】
アメブロ:https://profile.ameba.jp/ameba/rakuyanoyasumari

・Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100012851412964


photographer:  長束加奈(10歳男子、8歳男子、6歳男子の母)

・日本パステルホープアート協会公認パステル和アートインストラクター

・HP: https://7iro-artwork.amebaownd.com

・instagram: https://www.instagram.com/kananatsuka

 

 

 

 

関連記事