ご自身がHSPであるママへ4~HSPのママだからできること~

連載で「HSPであるママへ」 というのを

大分のカウンセラーかわのみどりさんの視点をいただき数回にわたり特集しています。

ご自身がHSPであるママへ1 〜わたしのこと(幼少期)
ご自身がHSPであるママへ2 ~わたしのこと(少女時代)
ご自身がHSPであるママへ3 ~自分の幸せ基準を持とう~

今日は4回目になりました。

毎回とてもとっつきやすい信頼できる語り口で
とても素敵ですね。

わたしもいつも楽しみに読ませていただいています。
ではどうぞ。

—————————–
ご自身がHSPであるママへ4
~HSPのママだからできること~
—————————-
こんばんは。
今日は子育てについて
書いてみようと思います。

HSPの方が
心を痛めがちなことに、
自分の苦手なことで
誰かに迷惑をかけたり、
役に立てないということが
あります。

母親であれば、お子さんに
「こんなママでごめんね」
と感じている方もいるかもしれません。

  ・・・

私が子どもを生んで
特にストレスだったのは
いつも落ち着かなくて
ゆっくり考えを巡らせたり
自分のペースで過ごす
時間がとれないことでした。

それは、大多数のママが
感じることとは思うのですが
私の場合は、特に
大きかった気がします。

息子は素直で
面白い子ですが
クルクルよく動き、
静かに遊べる
タイプではなかったので
(HSC+HSSタイプです)

ずっと一緒にいると
意識がもうろうとしてきたり

無性にイライラしたり
涙があふれたり、
何だか自分が
壊れていきそうな
感覚になったりして

息子が小さい頃は
「私は子育てに向いてないかも…」
なんて感じることがよくありました。

だからといって
子育てサークル等
不特定多数の人が
集まる場にいっても楽しめず
ママ対象の集まり
みたいなものも
なかなか興味が持てません。

なので、そういう場に
がんばって行くよりも

息子との時間を
気持ちよく過ごせるように
どうしたら【私も】楽しめるか
を考えるようにしました。

 

お弁当を持って
遊歩道のある公園や
森やハーブ園に行ったり、

科学館や美術館
色々な神社

子どもが自由に
過ごせる絵本屋さんや
仲良しのオーナーさんの
いる小さなカフェ

静かな温泉で
だらーっとしたり
(大分なのでたくさんあります^^)

家で過ごす時なら

大きな模造紙を床に敷いて
思う存分お絵かきしたり、
(私も横で描いています)

いらない新聞や
雑誌をビリビリ破いて
プールにして遊んだり

トランポリンを
ピョンピョンしたり

段ボールで
おうちづくりを
半日かけてしたり

絵本に出てくるおやつや
ごはんを
一緒につくってみたり

子どものいる友達や
子ども好きな友達に
遊びに来てもらったり

疲れたら、
一緒に昼寝したり
ジブリのDVDを見たり
ゴロゴロしていることも
よくありました。
(家事は後回し!)

勿論、大人と一緒にいる時のように
ゆっくり楽しめないこともありましたが、

普段は乗らない電車に乗ったり
心がほっこりするような音楽会や

息子がいたからこそ
つながったご縁や発見も色々あり、
私の方が世界を広げてもらった気がします。

2歳を過ぎてからは、
週に4日園に預け
仕事と育児の時間のメリハリを自分の中でつけ

週末は、父親に見てもらったしりて

定期的に私が一人になれる時間を確保することで
ぐっと楽になりました。

 ・・

そして、子育てや
周辺のつきあいの中で
自分のできなさや
苦手にがっかりした時は、

こんな私だから
できることは何だろう?と
イメージするようにしました。

例えば、にぎやかなお祭りで
長く過ごすのは辛くても
自然の中でなら、
何時間でも過ごせます。

場を盛り上げたり、
表面的に合わせる
ような会話は苦手でも

その場で穏やかに
過ごしたり、
疎外感を感じている人に
声をかけることはできます。

気のきいたことが
パッと言えなくても
後から、心をこめて
手紙を書くことはできます。

流行りのものに
詳しくなくても、
美しいものを見つけたり、
感動することができます。

子どもの話を
面白がって聴けるし、
ちょっとした変化や
気持ちにも、
気づくことができます。
(これは園の先生に言われ初めて気付きました)

私は私ができることをして
できないことは、
夫や周りのできる人に助けてもらおう。

そう割りきっていくことで
子育てが随分楽しめるように
なってきたように思います。

そして、その視点は
自然と息子にも
向けられるようになりました。

息子も苦手なことが
色々ありますが、
この子にはこんなことができる。
こんな素敵なところがある。
そこを見つけるのは
随分得意になった気がします。

だからもし、
HSPであるあなたが
自分ってダメだなぁ…と
感じることがあったら、

そんな自分を責めたり
無理に変えようとするのではなく
そんな私だからこそ
できることがあるのでは
ないかなぁっていう方に
意識を向けてみてくださいね。

きっと、素敵なものが
見つかると思います。

私だから、
この子だから
この家族だからこそ
できること
楽しんでいきたいですね♪

 

かわのさんのページはこちらです。

こころセラピースクールNatural⋆

【ミッション】私と私の人生が大好き♪な仲間を増やすこと
【H P】http://kawanomidori.com

【blog】http://ameblo.jp/happyart-smile/